ANATOMICA / 丸胴ポケットTEE

 

連休は暑くなりそうですね。

 

 

連休前のこのタイミングでぼちぼち夏物を店頭に並べ始めるのが恒例です。

 

ファッション的にはTEEシャツ一枚で完結してしまう夏場はあまり面白くないのだけれど、

 

だからこそせめてこだわりたくて、毎年必死になってナイスなTEEシャツ(基本ほぼ無地)を集めています。

 

 

今日は今シーズンのTEEシャツお披露目第一弾。

 

メンズとレディースからそれぞれご紹介致します。

 

 

まずはメンズ。

 

 

 

 

 

 

IMG_8916.JPG

 

ANATOMICA / Pocket tee

 

Price ¥6,500 + tax

 

Size / Men's S , M , L

 

Color / White , Beige , Gray

 

 

 

IMG_8919.JPG

 

IMG_8922.JPG

 

 

 

 

 

今シーズンより取り扱う ANATOMICA(アナトミカ)。

 

今でこそ当たり前となったセレクトショップという形の原型、と語り継がれるパリの名店「GLOBE」。

 

その GLOBE の伝説的なバイヤー、ピエールフルニエ氏が後に手掛けたショップ、及びレーベルが ANATOMICA です。

 

 

ANATOMICA のロゴには、権力の象徴である王冠と農民の履くサボ(木靴)が共に描かれ、身分に関係のない優れたプロダクトを発信する ANATOMICA の精神が表現されています。

 

 

 

 

 

 

IMG_8930.JPG

 

IMG_8926.JPG

 

 

 

 

 

シンプルなポケットTEEシャツ。

 

 

肉厚なヘヴィーウエイトの丸胴で、アメリカ製です。

 

ただ「アメリカ製」と言ってしまえば簡単ですが、サイジングの良い丸胴ボディをアメリカでつくるのはとても困難な事なのだそう。

 

無縫製で胴体を編み立てる丸胴は、編み機によってつくれる尺(幅)が決まっているため、アメリカにある丸胴編み機でつくれるTEEシャツは、必然的に日本人には大き過ぎてしまうからです。

 

ANATOMICA では、このTEEシャツの為に特別に調整した丸胴編み機を使っています。

 

 

さらに言えば、糸は西海岸で取れる厳選した糸。

 

それを東海岸の工場へ運び、オリジナルで調整した編み機でTEEシャツに仕立て上げます。

 

TEEシャツの為にアメリカ横断...ウルトラTEEシャツ...。

 

 

手が込んでいるから良い、という訳ではありませんが、そういう事を聞いてしまうとやはりグッとくるのが男ってもの。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8846.JPG

 

Tee / ANATOMICA

 

Bottom / DIGAWEL

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

 

IMG_8853.JPG

 

IMG_8864.JPG

 

Tee / ANATOMICA

 

Bottom / DIGAWEL

 

Shoes / Hender Scheme

 

 

IMG_8867.JPG

 

 

 

 

 

僕はこういったシンプルな形のTEEシャツは首元が要だと考えます。

 

ギュッと詰まってダレてこなそうな首。バインダーの感じもとても好み。理想的です。

 

 

一枚での着用も良いし、これをインナーとして色々合わせてみたのですが、全体の見え方がグッと良くなります。

 

スーツでも同様、首元の印象は全体を大きく左右しますね。

 

 

プライスも手頃ですし、色違いで押さえるのが必須なポケットTEEだと思います。

 

ぜひ。

 

 

 

本日更新のもうひとつの記事では、レディースのおすすめTEEシャツをご紹介しております。

 

そちらもご覧になってください。

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 

 


| 1/1PAGES |

CATEGORY

ARCHIVES

PROFILE

  • dimple
  • 山形県山形市飯田2-2-7
  • 023-625-7366
  • info@dim-ple.com