VIEILLE

 

装いについて語られる時に使う常套句、お洒落は足元から。

 

この言葉について異論のある訳では無いのですが、最近思う事があります。

 

それは、この言葉は主にフォーマル、とまではいかないとしても少しかしこまって他人と会うような、ある程度きちんとした場面での装いについて言っているのではないかという事。

 

 

普段の装いを楽しむにも、靴はとても重要です。装いは靴で良くも台無しにもなります。

 

でも、普段の装いについて言えば、敢えてチープなスニーカーを履くのが良い時もあったりして、「お洒落は足元から」という言い方から連想する靴に対しての一種の仰々しさのようなものが、何だかしっくりきません。

 

昔と比べてファッションが自由になっている現代では、装いで自分をどのように表現したいのか、それによって様々な選択があると思います。

 

 

しかし繰り返しになりますが、お洒落を楽しむならいつだって靴はとても重要です。

 

靴が合っていなくては、格好良くはなりません。

 

だから、こう言い換えたらどうでしょうか。

 

お洒落は足元「まで」。

 

結局のところ、大切なのは全体のバランス、抜き差しなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

IMG_7349.JPG

 

IMG_7350.JPG

 

IMG_7355.JPG

 

 

 

 

 

そう考えると、「これさえあれば大丈夫」という魔法のような靴はなかなかあり得ません。

 

だから自分達の提案は、それぞれのシチュエーションに合わせた靴を、少しずつ揃えて頂く事。

 

その為に、次々と新しい靴を取り扱うのではなく、スニーカーなら、革靴なら、とずっと変わらずにおすすめのできる靴を集めてきたつもりです。

 

そして今シーズンは、これまで欠けていた部分にピタリとはまる靴をご紹介する事ができます。

 

 

神戸のアトリエで職人の手によって丁寧につくられる靴、VIEILLE(ヴィエイユ)。

 

 

 

 

 

 

IMG_7359.JPG

 

IMG_7362.JPG

 

VIEILLE / Cinq

 

Price ¥24,000 + tax

 

Size / 36 , 37 , 38 , 39

 

Color / Black

 

 

IMG_7365.JPG

 

IMG_7368.JPG

 

 

 

 

 

履き口のカットが特徴的で美しいフラットパンプス Cinq 。

 

フェミニンな装いにはもちろん、男性的な服に合わせてもバランスの取れる靴です。

 

フォーマルでお使い頂ける靴もご用意したいという思いもあり、選びました。

 

 

 

 

 

IMG_7374.JPG

 

IMG_7379.JPG

 

VIEILLE / Douze

 

Price ¥29,000 + tax

 

Size / 37 , 38 , 39

 

Color / Black

 

 

 

IMG_7380.JPG

 

IMG_7383.JPG

 

IMG_7385.JPG

 

 

 

 

サイドゴアを短くしたようなデザインの Douze 。

 

日常的に履きやすく、スニーカーと短靴の中間を埋めるような靴があれば、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

IMG_7389.JPG

 

 

 

 

どちらも足馴染みの良いゴートレザー(山羊革)。

 

ソールはラバー製でとても穿きやすい靴です。

 

 

ブーツの出番まではまだやや月日があります。

 

この秋に新調する一足に、ぜひご検討ください。

 

 

 

 

 

 

DIMPLE

山形市飯田2-2-7

TEL 023-625-7366

info@dim-ple.com

http://www.dim-ple.com

Instagram dimple_yamagata

 

 


| 1/1PAGES |

CATEGORY

ARCHIVES

PROFILE

  • dimple
  • 山形県山形市飯田2-2-7
  • 023-625-7366
  • info@dim-ple.com