9月1日

0
    こんにちは!
    dimple嫁です。

    玉木新雌展へのご来店ありがとうございます。

    土曜、日曜、今日と皆さまのキラキラした笑顔がたくさん見れました!

    今年も開催して良かったです。

    ショールはもちろん、ボトム類もはいてみたらすごく素敵!とのお声をたくさん頂きました。

    ぜひこの機会にお試しください★

    9月8日、来週の月曜まで開催中です。



    涼しくなってきたので本日はカーディガンのご紹介。




    Brand / STAMP AND DIARY
    Item / Wide cardigan
    Price ¥10,584 tax in
    Quality / Wool 50% Cotton 50%
    Italian yarn , made in china
    Color / light gray , middle gray , navy

    弾力があり保湿性の高いウールと柔らかい風合いのコットンを混紡した、暖かく膨らみのある肌触りの良いニットのカーディガン。

    STAMP AND DIARY のニットは発色と品質の良いイタリアの糸を使い、価格面を考慮して生産は中国で行っています。

    ヨーロッパのブランドを多く生産する中国は現在では編みたての技術のクオリティーが高く、手に取りやすい価格に反した品質の良さが STAMP AND DIARY のニット製品の魅力です。



    navy


    middle grey



    ゆったりの身幅とすっきりとした袖のバランスがかわいいワイドカーディガン。

    パンツ、ワンピースどちらにも合わせて頂けます。


    夜は寒いくらいになってきました!

    今年は秋が早いですねー。


    通常は火曜定休となりますが、明日の9月2日(火)は営業致します。

    ご来店お待ちしております★


    玉木新雌展

    0
      昨日に引き続き玉木新雌展のご案内です。

      今回の作品展でご覧頂けるラインナップ。

      それぞれのアイテムにつきたくさんの数をご用意していますが、ひとつとして同じ配色の物はありません。




      wool70%、cotton30%で織り上げた暖かいルーツショール。

      マフラー代わりにもなるほど暖かで肌触りも優しく、外出の時はもちろん室内でもお使い頂けます。





      cotton100%のルーツショール。

      織り機の限界まで甘織りにした軽さが特徴のショールです。

      真夏の日除けにも使え、オールシーズン気持ちよくお使い頂けるタイプです。





      今回初のご紹介となるbosoは、アームウォーマーとレッグウォーマー兼用のアイテムです。

      ショールと同じくカラフルでコーディネートのアクセントとしておすすめです。





      ボトムも様々ご用意しています。

      only one wide pants。

      only one tarun pants。

      only one luzu pants。

      それぞれの形にコットンタイプとウールタイプがあります。


      ぜひ期間中にお気に入りの一着を見つけてください。


      玉木新雌展
      at dimple 6th ANNIVERSARY
      8/30(sat)-9/8(mon)


      玉木新雌展は明日30日よりスタートです。

      9月3日水曜日は出張の為お休みさせて頂きます。
      代わりに9月2日火曜日は営業致します。

      イベント期間中にも関わらず変則的な営業となり申し訳ありません。

      お間違いのないようお気をつけくださいませ。

      それでは明日より皆さまのご来店お待ちしております!


      tamaki niime official WEB


      玉木新雌展

      0

        玉木新雌展
        at dimple 6th ANNIVERSARY

        8/30(sat)-9/8(mon)


        ※9/3水曜日は出張の為お休みさせて頂きます。
        通常は火曜定休ですが、9/2火曜日は休まず営業致します。












        昨年もたいへん好評頂きました玉木新雌展を今週末より開催致します。



        玉木新雌について

        デザイナーの玉木新雌が播州織の産地、兵庫県の西脇に移り住み、自らの手で織り機を使い、思い描く一枚を作り上げています。

        播州織は寛政4年(1792年)に遡るほど長い歴史があり、先に糸を染めて多彩な柄に織り上げる「先染め織物」が特徴です。

        産地にいても、工場にただ発注していては都会にいるデザイナーと同じ。

        織り機を譲り受けてアトリエに導入し、様々な糸を使って試作を重ね、tamaki niime のショールが生まれました。

        糸は織れる限界までゆるく、機械のスピードはぎりぎりまで低速で。
        そのためたびたび糸が切れて、作業は付きっきり。

        手織りのような手間と時間をかけて、ふんわりと柔らかく織り上げます。

        織り上げれば一枚ずつ縫製し、洗いをかけて天日に干し、最後まで人の手をかけて赤ちゃんの肌のようにふっくら優しく。

        洗っても風合いを損なうことなく、ずっと気兼ねなく、気持ちよく、お手入れが簡単な事にもこだわって。

        色にあふれ、年齢も、性別も選ばない、誰もが自由に楽しめます。



        tamaki niime official WEB


        明日のBLOGでも詳細をご案内させて頂く予定です。

        ぜひご覧になってください。



        8月27日

        0
          久しぶりにBLOG書いてます。
          dimple嫁です。

          昨日は出張だったのでヘトヘトで書いてます。
          東京も涼しくてよかった!
          8月の東京とは思えない涼しさでした。
          来週も東京遠征です。
          がんばります。


          今日は Veritecoeur のボックスプリーツプルオーバー。



          Brand / Veritecoeur
          Item / VC966 Box pleat pull over
          Price ¥11,880 tax in
          Quality / Cotton 100%
          made in japan
          Color / gray , Black


          なかなかいいお色で”今”の気分にぴったり。
          軽くて柔らかく、ふんわりとした生地もおすすめです。

          最近、生地って大事だとすごく思います。
          同じパターンでも生地が変わるとその服の特徴が真逆に作用して
          まったく似合わなかったり…。

          展示会ではまず、ラックに掛けてある状態をフラットな目線で見ながら一巡することが多いのですが、
          パッと見の第一印象でいいな、ちょっと着てみよう、と思うのは生地の質感が良さそう、と気になる服です。

          昨日の展示会でもそんな風に生地が良さそうだなと試着してみた服は、どれもイメージ通り、素敵に着れました。


          今回ご紹介のボックスプリーツプルオーバーの、ゆったりしつつすとんとスッキリ着れるシルエットもこの柔らかい、ちょっと透け感がある生地のなせる技。

          このデザインにこの素材を選ぶ、Veritecoeur のなせる技です。
















          ぜひ、ご試着してみてください!




          8月24日

          0
             
            前回出張で東京へ行った時に、あまりに暑かった事もあって途中立ち寄った店でハンカチを買いました。

            お恥ずかしい話ですが、それまではハンカチを持ち歩く習慣がありませんでした。

            いざ気に入った物を持ってみると、すごく便利だし気持ちが良いですね。

            女性にはあたり前の事かもしれませんが、これは発見でした。

            もう何枚か買い足したいと思っています。




            Brand / Suno & Morrison
            Item / Khadi tartan bandana
            Price ¥2,592 tax in
            Quality / Khadi cotton 100% 
            Fabric  India ,  Sewing in Japan
            7colors & patarns





            Suno & Morrison


            Suno & Morrison はオーガニックコットンのガラ紡を中心に、インドやタイの手紡ぎの糸等、実際に使ってみて気持ちよいと感じた糸や素材で、ものづくりをしています。


            普段の生活の中に溶け込むような、側に置いておいて気持ちのよいもの。


            大量に作る事は出来ない、人の手を感じられるもの。


            そして、作られる背景にも魅力があるものをめざし日々素材と対話しながらものづくりに励んでいます。







            カディコットンを使ったタータンチェックのバンダナが入荷しました。

            カディコットンとは、インド独立の父マハトマ・ガンジーがインドの人々の自立を促すために広めた手紡ぎ手織りの綿布。

            手紡ぎならではの糸むらは、風を通し空気を含みます。

            柔らかな手触り、手仕事の風合いが魅力です。








            こんなカラフルなバンダナをハンカチとして持っていたら、ポケットや鞄から取り出す度に楽しい気分になれるような気がします。





            サイズは55cm四方と大判ですので、お弁当を包んだり、元々の用途のとおりバンダナとしてコーディネートしたりと様々に使えます。

            柄は全部で7種類。

            僕もどれにしようかものすごく悩んでいるところです!


            お知らせ

            明日25日(月)は出張のためお休みさせて頂きます。
            火曜日の定休日と合わせて連休となりますのでお気を付けください。
            水曜日よりご来店お待ちしております。



            | 1/86PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << September 2014 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM